【NEWS】(2017.11.22更新)

I.L.C 百合コンセプトアルバム『Ribbon』12月1日から各流通にて順次通販開始。

初のワークスベストアルバム『Toshinori Orikura Works Collection “Synergy”』12月20日より正式発売。

オトメイトレコード様『おとどけカレシ』主題歌の作編曲を担当させていただきました。

Campus様『フルウソ-Complete Four Seasons-』主題歌の作編曲を担当させていただきました。

SILKYS PLUS様『バタフライシーカー』主題歌の編曲を担当させていただきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ribbon曲解説④「 ペディキュアと制服」

それでは4曲目、「ペディキュアと制服」についてです。
この曲を担当していただいたAlstarは仲村芽衣子さんと紺野聖さんによるユニットで、
ユニットのアルバムで1曲お手伝いをさせていただいたり、
ライブでサポートさせていただいたこともあり、
今回のコンセプトに合わせて二人で歌っていただきました。

曲はシンプルなバンドサウンド系のパワーバラードですね。
コード進行もシンプルですが、
ギターのアルペジオってシンプルなコード進行に凄く映える気がします。
ギターと言う楽器の特性上そうなのかもしれませんが。
AからBのギターのフレーズはお気に入りです。

Aはメロも比較的低いのですが、二人ともとても綺麗な色気というか、
すごく良い響きのテイクがとれました。
お聞きいただけばわかりますが、
曲を通して主旋をユニゾンで歌っている箇所はありません。
こちらからの提案もあり作詞の未雪ユキさんに、
キャラ視点がはっきりと分かる歌詞を作っていただいたので、
それを活かし、二人で歌うというよりは二人が歌う世界、としてみました。

ラストのアウトロもお気に入りです。
あそこだけに非常にストレートな言葉が乗って、
それがちゃんと最後だけぐっとニュアンスを変えた歌で締まる。
みなさんにとても良い形にしていただきました。

Ribbon曲解説③「花守りの夢」について

かなり間が空いてしまいましたが、Ribbonの曲紹介?解説?シリーズ第3弾。
「花守りの夢」についてです。

この曲はファンタジー色の中で設定した百合曲になります。
前述のように直接作品としては多く知っているわけではないのですが、
イラストで想像してもファンタジー×百合というのは、
それだけで綺麗なイメージがつきやすいですね。
それが今回みたいに悲恋的なものでもなおさらです。

曲は6/8拍子、ベースのリズムは比較的ループに近いです。
ミドルテンポのバラードに近く、
アコギもストロークで入れようと思って一度トライしたのですが、
全体がポップというかリアルな方向に引っ張られる気がしたので、
ギターはエレキのコーラスクリーンのみにしました。

そして安定の(?)Bメロ5/4拍子。
サビ中での転調も、他でも時々使いますが、
やはり転調後のキーに気を配らないといけないので大変です(笑)。
今回は転調と同時に上下のコーラスを登場させて雰囲気を強調しました。

2番のBメロを1番の倍尺にしたのはノリだったのですが、
あまり見ない手法で結果面白かったですね。

歌のみとせのりこさんは、ALcotさんの「茜色の境界線」の流れもあってのご一緒だったのですが、
やはり収録時に非常に引き出しが多いので、
現場で曲が「創られていく」感があってとても嬉しいです。

度々言いますが、タイアップの有無に関わらず、
収録時に作家とミュージシャンがそれぞれの技術や感性を混ぜあってこそ、
1+1=2以上のものが出来ますし、それがとても楽しいところです。
今回の歌でも、1番と2番のキャラクター調整や間奏のスキャットなどで、
存分に極の幅を広げていただきました。

そのキャラクター面もそうですが、今回コンポーザーにも関わらず作詞でご協力いただいた三滝航さんにも、
可能な範囲でご自身の百合感を表現していただきました(笑)。
ファンタジー設定と固めの言葉遣いでとても相性も良く、
上記のBメロの5/4の部分が特にハマリが気に入っています。
やはり単純にこういった、一見?一聴?して難しめな言葉が多いほうが、
逆に視覚から脳に入った時に良い意味で引っかかりますからね。
個人的にはとても好きです。

以上、3曲目「花守りの夢」についてでした。

今年の目標?

喪中ではありますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
こちらのブログではRibbonの曲解説を展開中ですが、
このペースだと次に書くことが詰まってしまいますねw
頑張りたいと思います。

さて今年の目標ですが、目標というかモットー?的かも。
ここ数年、曲でも企画でも、音楽や仕事において、
自分だけが持つ、且つ人を惹きつける何かが、
あまりにも自分には無さ過ぎる。
ゼロとは言わないけど、足りなさ過ぎる。

それが欲しくて自分なりにもがきはするけど結果が出ない。
それを1年1年繰り返して、それは多分今年も続きそうです。

ただ、去年の途中くらいから、その欲しいものがより広がりました。
要は、作曲や演奏などに限らず、人間的な価値にも欲が出てきた感じです。
そう書くととても大げさというか、風呂敷を広げすぎにも見えますが、
何でもいいから出来ることを増やす。ということでしょうか。

それが一つでも増えて、何か自分や他人の人生の足しになる可能性を。
それもまた結果は非常にスローペースで出るものかもしれませんが、
ひとまず1年、音楽もそれ以外も試行錯誤してみたいと思います。

2017年のごあいさつ

2017年がもう終わります。
Ribbonの曲解説中ですが、このタイミングなので先にちゃんとご挨拶を。

2017年もまたとても充実した1年でした。
制作だけでなくライブもいくつかサポートさせていただくことが出来ました。

でもまだまだ、数も質も足りません。
きっとどんな仕事をしてる人も同じですが、
今自分に不足していること、必要なことをいくつも把握しているのに、
頑張っているつもりでもそのごく一部しか改善していけない。

今すでに多くの人や運に恵まれています。
今年も頼ったり甘えたり、そればかりでした。
情けなさ、歯がゆさは少しだけ横において、
とりあえずは感謝を。

お仕事させていただいた方。
ご一緒させていただいた方。
曲を聞いてくださった方。
どこか知らないところで褒めてくださった方、ご意見くださった方。

ただお話してくださった方、構ってくださった方。

本当に本当に今年もありがとうございました。
来年もどうかよろしくお願いいたします。

Ribbonについて②「離れたくない」

こんばんわ。さて、アルバム『Ribbon』について2曲目、
「離れたくない」についてです。

この曲はご覧のとおり瀧沢一留さんと坂本美里さんのデュエット形式ですが、
今回は百合コンセプト主体ということもあり、
ぼーかるの形式にはソロありデュエットありと、
設定に合わせてバランスをとってみました。

曲調としては変拍子交じり、浮遊感の有るミドルバラードですが、
結果的にはアルバム全体の曲調の
有る意味センター的なポジションになったと思っています。

変拍子交じりといっても間奏以外は基本的に6/8なのですが、
実は最初に作った時はサビが6/8と5/8を繰り返すというかなり変則的な曲でした。
自主制作企画ですし、なるべく実験的なこともやっていきたかったのですが、
レコーディングまでにお二人に浸透していただくことが
可能かどうかやや自信が持てなかったのでw
結果このようなサビに落ち着きました。

お二人の声は周波数バランスなどで言えば違いはあるのですが、
色はとても近いところにあると思っていて、
こちらからこの組み合わせでお願いしました。
単純な手ごたえで言えば、
キメの入れ方、メロの不思議感、そのメロと他パートとの絡ませ方から、
Dメロが自分ではお気に入りです。


ラスサビが曲中唯一、二人で違うメロで絡む部分なのですが、
部分的にハモりになるようにした演出を、
歌詞で上手く彩っていただきました。
具体的なやり方についてはこちらからお願いしたところもありますが、
ここに「愛している」「あなただけ」という最もストレートな言葉をつけていただけたことで、
存在感がかなり増したと思います。

ではこの次は「花守りの夢」についてです。
プロフィール

折倉俊則

Author:折倉俊則
作編曲、作詞、ギターなど。
音楽制作チームSTRIKERS(株式会社AYUMI ONE.)所属。

クラシック演奏家の両親から家庭教育を受け、中学生でバンド活動を始める。
高校生でインディーズバンドに結成からギターで参加し、高校卒業時に脱退するまでほぼ全ての作編曲を担当。
専門学校入学と同時に同人などの作曲活動を開始し、現在も同人・商業問わず活動中。

楽曲制作やライブサポート、イベント関連のご依頼は株式会社
株式会社AYUMI ONE.→http://ayumione.co.jp/
折倉宛:image@gc.main.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。