【NEWS】(2017.11.22更新)

I.L.C 百合コンセプトアルバム『Ribbon』12月1日から各流通にて順次通販開始。

初のワークスベストアルバム『Toshinori Orikura Works Collection “Synergy”』12月20日より正式発売。

オトメイトレコード様『おとどけカレシ』主題歌の作編曲を担当させていただきました。

Campus様『フルウソ-Complete Four Seasons-』主題歌の作編曲を担当させていただきました。

SILKYS PLUS様『バタフライシーカー』主題歌の編曲を担当させていただきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ribbon曲解説⑦「おやすみなさい」

さていよいよ最後、7曲目の「おやすみなさい」についてのライナーノーツです。
(7曲全部さらい切るまでに本当に時間がかかってしまいましたすみません。。。)

この曲は3人姉妹のコーラスユニット、Mundi renovatioさんとのコラボ曲です。
百合コンセプト上、3人の人物による片思いの連鎖的な設定が活かせると思い、
今回お願いしてみました。

曲としてはボサノヴァ調のリズムにバラードを乗せたような切ない曲ですが、
実はリズムがボサノヴァだということには完成後に気付きました。

というくらいに、自分ではこの曲のベースは3部構成のメロディの方でして、
イントロのアコギのメロディが出たあとは、
ものの30分かからずに全体の構成を先に出していました。

3人の歌それぞれがしっかり個性がありますが、
各セクションでちょっとずつ重ねていただいたり、
メンバーご自身で割り振り作業をしていただけたこともあって、
ユニット感もしっかり出せたのではないかと思います。

ちょっとハードルだったかもしれませんが笑、
ラストのサビから大ラスの英語コーラスへの入りも
とてもイメージ通りに作り上げることが出来ました。

作詞は、初めましてのあおまふさんにお願いさせていただきました。
こちらも具体的な設定などは完全に丸投げにしてしまいまして・・・
ですが全体に、一方通行で望みが薄そうなニュアンスが散りばめられていて、
個人的にも凄く好きなものになりました。
曲調とテンポの都合で、メロの一つ一つのセンテンスが短めになり、
そこにまた言葉としても短いものが乗ることで、
そういう感情が強調されるということがあるかもしれません。

以上、マイペース投稿になってしまいましたが、
百合コンセプトアルバム「Ribbon」7曲の解説でした!

Comment

非公開コメント

プロフィール

折倉俊則

Author:折倉俊則
作編曲、作詞、ギターなど。
音楽制作チームSTRIKERS(株式会社AYUMI ONE.)所属。

クラシック演奏家の両親から家庭教育を受け、中学生でバンド活動を始める。
高校生でインディーズバンドに結成からギターで参加し、高校卒業時に脱退するまでほぼ全ての作編曲を担当。
専門学校入学と同時に同人などの作曲活動を開始し、現在も同人・商業問わず活動中。

楽曲制作やライブサポート、イベント関連のご依頼は株式会社
株式会社AYUMI ONE.→http://ayumione.co.jp/
折倉宛:image@gc.main.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。