FC2ブログ

【NEWS】(2017.11.22更新)

I.L.C 百合コンセプトアルバム『Ribbon』12月1日から各流通にて順次通販開始。

初のワークスベストアルバム『Toshinori Orikura Works Collection “Synergy”』12月20日より正式発売。

オトメイトレコード様『おとどけカレシ』主題歌の作編曲を担当させていただきました。

Campus様『フルウソ-Complete Four Seasons-』主題歌の作編曲を担当させていただきました。

SILKYS PLUS様『バタフライシーカー』主題歌の編曲を担当させていただきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ribbon曲解説③「花守りの夢」について

かなり間が空いてしまいましたが、Ribbonの曲紹介?解説?シリーズ第3弾。
「花守りの夢」についてです。

この曲はファンタジー色の中で設定した百合曲になります。
前述のように直接作品としては多く知っているわけではないのですが、
イラストで想像してもファンタジー×百合というのは、
それだけで綺麗なイメージがつきやすいですね。
それが今回みたいに悲恋的なものでもなおさらです。

曲は6/8拍子、ベースのリズムは比較的ループに近いです。
ミドルテンポのバラードに近く、
アコギもストロークで入れようと思って一度トライしたのですが、
全体がポップというかリアルな方向に引っ張られる気がしたので、
ギターはエレキのコーラスクリーンのみにしました。

そして安定の(?)Bメロ5/4拍子。
サビ中での転調も、他でも時々使いますが、
やはり転調後のキーに気を配らないといけないので大変です(笑)。
今回は転調と同時に上下のコーラスを登場させて雰囲気を強調しました。

2番のBメロを1番の倍尺にしたのはノリだったのですが、
あまり見ない手法で結果面白かったですね。

歌のみとせのりこさんは、ALcotさんの「茜色の境界線」の流れもあってのご一緒だったのですが、
やはり収録時に非常に引き出しが多いので、
現場で曲が「創られていく」感があってとても嬉しいです。

度々言いますが、タイアップの有無に関わらず、
収録時に作家とミュージシャンがそれぞれの技術や感性を混ぜあってこそ、
1+1=2以上のものが出来ますし、それがとても楽しいところです。
今回の歌でも、1番と2番のキャラクター調整や間奏のスキャットなどで、
存分に極の幅を広げていただきました。

そのキャラクター面もそうですが、今回コンポーザーにも関わらず作詞でご協力いただいた三滝航さんにも、
可能な範囲でご自身の百合感を表現していただきました(笑)。
ファンタジー設定と固めの言葉遣いでとても相性も良く、
上記のBメロの5/4の部分が特にハマリが気に入っています。
やはり単純にこういった、一見?一聴?して難しめな言葉が多いほうが、
逆に視覚から脳に入った時に良い意味で引っかかりますからね。
個人的にはとても好きです。

以上、3曲目「花守りの夢」についてでした。

Comment

非公開コメント

プロフィール

折倉俊則

Author:折倉俊則
作編曲、作詞、ギターなど。
音楽制作チームSTRIKERS(株式会社AYUMI ONE.)所属。

クラシック演奏家の両親から家庭教育を受け、中学生でバンド活動を始める。
高校生でインディーズバンドに結成からギターで参加し、高校卒業時に脱退するまでほぼ全ての作編曲を担当。
専門学校入学と同時に同人などの作曲活動を開始し、現在も同人・商業問わず活動中。

楽曲制作やライブサポート、イベント関連のご依頼は株式会社
株式会社AYUMI ONE.→http://ayumione.co.jp/
折倉宛:image@gc.main.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。