【最新情報】(2014.4.14更新)

I.L.C 6th Album『Therapy』

aya Sueki×折倉俊則 connect live『Euphoria』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M3お疲れ様でした!

少し日が空いてしまいましたが、先週末のM3に参加された方々お疲れ様でした。
2回連続で新譜が無いにもかかわらず、お話しに来てくださったり旧譜を手にとって下さったり。
いつもいつも、本当にありがとうございます。

たまたま全員知り合いという列にいたのですが、今回いつもより参加者が多かった気がしました。
色々新しい文化やジャンルが入ってくるなか、いわゆるオリジナルの自分達の世界も、また盛り上がっていきたいなあと常々思います。

新譜が出せない状況について、本当にたくさんの方々に「お忙しいですからね」といった類のことを言っていただくのですが、
実のところそれだけが原因というわけでもなかったりします。
やりたいこと、作ってみたいことというのはとてもたくさんあり、しかし当然全てを形には出来ない。
お金や時間はみな同じように限られる中、何を優先すべきかという事情がころころと変わっていき、自分で自分が掴めていないような状況でした。
しかし、そろそろ甘えてばかりでもいけませんね。

サークル名義なんて、極論を言ってしまえば続けようが終わらせようが自由だし、どれだけの期間何も出来ていなければ止める、というものでもありません。
それでも、昔と同じような活動が出来ず、何も発表できないのであれば、やはり一度区切りをつけるべきなのではと、
ここ1年ほどで何度か考えました。
それを経て、もう一度ILCとして、もっと言えば折倉個人の音楽制作を、またやってみようという考えにたどり着きました。

今年は、Twitterでも少し触れましたが、初めて商業ゲームの音楽を制作させていただいてから丸10年になります。
年の後半に向けて、出来ることはやってみたいと、色んな方に背中を押されてだんだん前のめりになりつつあります。
是非、これからも少しでも応援をいただければ嬉しいです。
スポンサーサイト
プロフィール

折倉俊則

Author:折倉俊則
作詞家、作編曲家、ギタリスト。
クラシック演奏家の両親から家庭教育を受け、中学生でバンド活動を始める。
高校生でインディーズバンドに結成からギターで参加し、高校卒業時に脱退するまでほぼ全ての作編曲を担当。
専門学校入学と同時に同人などの作曲活動を開始し、現在も同人・商業問わず活動中。
詳しくはこちら。→プロフィール

最新記事
カテゴリ
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。