【NEWS】(2017.11.22更新)

I.L.C 百合コンセプトアルバム『Ribbon』12月1日から各流通にて順次通販開始。

初のワークスベストアルバム『Toshinori Orikura Works Collection “Synergy”』12月20日より正式発売。

オトメイトレコード様『おとどけカレシ』主題歌の作編曲を担当させていただきました。

Campus様『フルウソ-Complete Four Seasons-』主題歌の作編曲を担当させていただきました。

SILKYS PLUS様『バタフライシーカー』主題歌の編曲を担当させていただきました。

Ribbon曲解説⑤「Error code」

また間が空いてしまいました・・・
大変失礼致しました。
さて今回はRibbon5曲目に収録されている、
「Error code」という曲について触れてみます。

一聴していただくとわかりますが、
曲調自体は割とRibbonの中では異端かもしれません。
デジタル色の強いアップテンポ16ビートに、シンセのリフが中心のアレンジ。
ただし歌詞や設定は自我の芽生えた女性アンドロイドと、
人間の女性という世界観になっています。

Ribbon制作前にみとせのりこさんや、
イラストのひかがみひなみさんとお話させていただき、
今回はまずあまり時代設定やジャンルを絞らずに、
幅広い百合的な要素を並べてみようという考えにまとまり、
この曲も作っていきました。

曲としては、アレンジ面は比較的シーケンスとビートに任せ、
Aメロのメロディをやや淡々とした音符並びにしたり、
サビのラストを、何かを求めるような意味で少し投げていくような繰り返しのメロにしたり、
メロの方で工夫した形です。
とはいえ2番の入りからガラッとアレンジを変えて退廃的にしたり、
その結果2番はBメロが2倍になったりと、
アレンジ面でもどストレートではなくなりましたが。

RitaさんにはILC作品としては初めて参加していただきました。
とはいえ星ノ雨シリーズを含め、もう何度もお世話になっています。
低音は深み、高音は伸びと両方素敵な面がありますが、
この曲は比較的高いメロかもしれませんね。
サビもそうだと思いますが、とはいえ素敵なロングトーンをいただけました。

作詞は今回、ご縁があって許瑛子さんにお願いさせていただきました。
勿論初めての共作だったのですが、
当初お伝えした断片的なキーワードから、
見事にそれぞれの人物像を描いていただき、
そこに艶やかな単語が散りばめられていて、
曲としても抜群に存在感が増しました。
タイトルのError Codeは、上述のサビのラストのメロに
とても良くはまっていてお気に入りです。

Ribbon曲解説④「 ペディキュアと制服」

それでは4曲目、「ペディキュアと制服」についてです。
この曲を担当していただいたAlstarは仲村芽衣子さんと紺野聖さんによるユニットで、
ユニットのアルバムで1曲お手伝いをさせていただいたり、
ライブでサポートさせていただいたこともあり、
今回のコンセプトに合わせて二人で歌っていただきました。

曲はシンプルなバンドサウンド系のパワーバラードですね。
コード進行もシンプルですが、
ギターのアルペジオってシンプルなコード進行に凄く映える気がします。
ギターと言う楽器の特性上そうなのかもしれませんが。
AからBのギターのフレーズはお気に入りです。

Aはメロも比較的低いのですが、二人ともとても綺麗な色気というか、
すごく良い響きのテイクがとれました。
お聞きいただけばわかりますが、
曲を通して主旋をユニゾンで歌っている箇所はありません。
こちらからの提案もあり作詞の未雪ユキさんに、
キャラ視点がはっきりと分かる歌詞を作っていただいたので、
それを活かし、二人で歌うというよりは二人が歌う世界、としてみました。

ラストのアウトロもお気に入りです。
あそこだけに非常にストレートな言葉が乗って、
それがちゃんと最後だけぐっとニュアンスを変えた歌で締まる。
みなさんにとても良い形にしていただきました。

Ribbon曲解説③「花守りの夢」について

かなり間が空いてしまいましたが、Ribbonの曲紹介?解説?シリーズ第3弾。
「花守りの夢」についてです。

この曲はファンタジー色の中で設定した百合曲になります。
前述のように直接作品としては多く知っているわけではないのですが、
イラストで想像してもファンタジー×百合というのは、
それだけで綺麗なイメージがつきやすいですね。
それが今回みたいに悲恋的なものでもなおさらです。

曲は6/8拍子、ベースのリズムは比較的ループに近いです。
ミドルテンポのバラードに近く、
アコギもストロークで入れようと思って一度トライしたのですが、
全体がポップというかリアルな方向に引っ張られる気がしたので、
ギターはエレキのコーラスクリーンのみにしました。

そして安定の(?)Bメロ5/4拍子。
サビ中での転調も、他でも時々使いますが、
やはり転調後のキーに気を配らないといけないので大変です(笑)。
今回は転調と同時に上下のコーラスを登場させて雰囲気を強調しました。

2番のBメロを1番の倍尺にしたのはノリだったのですが、
あまり見ない手法で結果面白かったですね。

歌のみとせのりこさんは、ALcotさんの「茜色の境界線」の流れもあってのご一緒だったのですが、
やはり収録時に非常に引き出しが多いので、
現場で曲が「創られていく」感があってとても嬉しいです。

度々言いますが、タイアップの有無に関わらず、
収録時に作家とミュージシャンがそれぞれの技術や感性を混ぜあってこそ、
1+1=2以上のものが出来ますし、それがとても楽しいところです。
今回の歌でも、1番と2番のキャラクター調整や間奏のスキャットなどで、
存分に極の幅を広げていただきました。

そのキャラクター面もそうですが、今回コンポーザーにも関わらず作詞でご協力いただいた三滝航さんにも、
可能な範囲でご自身の百合感を表現していただきました(笑)。
ファンタジー設定と固めの言葉遣いでとても相性も良く、
上記のBメロの5/4の部分が特にハマリが気に入っています。
やはり単純にこういった、一見?一聴?して難しめな言葉が多いほうが、
逆に視覚から脳に入った時に良い意味で引っかかりますからね。
個人的にはとても好きです。

以上、3曲目「花守りの夢」についてでした。
プロフィール

折倉俊則

Author:折倉俊則
作編曲、作詞、ギターなど。
音楽制作チームSTRIKERS(株式会社AYUMI ONE.)所属。

クラシック演奏家の両親から家庭教育を受け、中学生でバンド活動を始める。
高校生でインディーズバンドに結成からギターで参加し、高校卒業時に脱退するまでほぼ全ての作編曲を担当。
専門学校入学と同時に同人などの作曲活動を開始し、現在も同人・商業問わず活動中。

楽曲制作やライブサポート、イベント関連のご依頼は株式会社
株式会社AYUMI ONE.→http://ayumione.co.jp/
折倉宛:image@gc.main.jp

最新記事
カテゴリ
最新コメント
Twitter
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR